Windows Vista(ウィンドウズ ビスタ)お役立ち情報

Windows Vista SP2 正式に公開されました

《スポンサードリンク》

ウインドウズビスタ SP2 が一般公開されました。
マイクロソフトのこちらのページからダウンロード可能です。

Windows Server 2008 Service Pack 2 および Windows Vista Service Pack 2 (5 言語用スタンドアロン版) (KB948465)

強化された主な機能

■Windows Search 4.0による検索性能の向上と、グループポリシーによるより詳細な管理機能

■Bluetooth v2.1サポートと最新Windows Connect Nowを含むWindows Vista Features Pack for Wirelessとの統合

■WindowsサイドバーのRSSフィードのパフォーマンスと応答性の向上

■Windows Media(R) Centerで著作権保護されたテレビ録画コンテンツを、複数のデバイス間で共有できるよう対応

■Windows Media Player 11にアップグレードした際に、以前購入したDRMコンテンツへのアクセスができなくなる問題の修正

■互換性のないドライバーがある場合にSPのインストールを停止する機能

■SP2によってアップデートされたファイルを削除し、ハードディスクの容量圧迫を抑制する Service Packクリーンアップツールの搭載

■ワイヤレス接続環境化におけるハイバネーションからのレジューム復帰の高速化

■電源管理設定の向上

■Windows VistaおよびWindows Server 2008がホストしているプリンターに対して、プリントサーバーおよびスプーラーのパフォーマンス向上

■Hyper-V正式版の同梱


自作パソコンで、以前SP1にアップグレードしたときには
ライセンス認証を求められインターネット認証に失敗し電話で
再発行してもらった事があります。
部品交換かを何度か行っていると別のPCと見なし
ライセンス認証の要求が来る場合があります。
何度かグラフィックボードを変更しているせいでしょう
たぶん..
自作PCの方は気をつけてください。

ライセンス認証について

ライセンス認証が必要になった場合は画面に指示に従って
認証作業を進めてください。その際にはインターネット接続
環境が必要です。もしインターネット接続環境が無かったり
認証に失敗した場合はマイクロソフトサポートセンターに
電話して認証IDを再発行してもらってください
センターの電話番号は画面上に表示されています。

こちらにマイクロソフトサポートセンターによる原因と対処法が載っています。


ライセンス認証が必要な条件

OS等を再インストールして1年に4回以上ライセンス認証を
行おうとした場合

ネットワークカードを含むPCパーツを4カ所以上
交換した場合


サービスパック2インストールしてみました

インストール時間は40分ほどでした。
インストールプログラムをダウンロードしてそれを起動させ
画面の指示に従ってインストールすれば後は何もすることが
ありません。

で、体験的には画面表示が速くなった気がします。
多分、処理スピードが上がったのでしょう。
FTPで大量のファイルを転送する作業で特に違いが体感できました。




にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
にほんブログ村
《スポンサードリンク》
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。