Windows Vista(ウィンドウズ ビスタ)お役立ち情報

データ復旧 ハードディスクの故障

《スポンサードリンク》

パソコンの中心的な記憶媒体であるハードディスクは消耗品であり
その寿命はだいたい5年といわれています。
よって定期的に外部メディア(外付けHDDやCD・DVDメディア、USBメモリなど)にバックアップしたほうが良いでしょう。
しかし家庭で使用している人のほどんどがデータバックアップしてないのが現状です。
そんな中でハードディスクが故障した場合修復する必要があります

ハードディスクの故障には、物理障害、論理障害の2種類あります。
このうち物理障害に関しては修復が非常に困難なため、
データ復旧の専門業者に依頼する必要が出てきます。
業者に頼むと、費用もデータの容量に比例して増えてしまいますので、
本当に必要なデータであるかを見極めてから相談するのが良いでしょう。

ハードディスクが故障したときは、まず下の物理障害に該当しないか
確認してください。

物理障害の現象としては以下のことが上げられます

ハードディスクから異音がする

確認する際にはパソコンのカバーを開けて異音がどこから出ているのか
聞き分けててください。ハードディスクは回転しているので
「キーン」というような金属音や「カタ、カタ」という音は
明らかに異音です。
特に「カタ、カタ」という音が聞こえたら物理障害とほぼ断定されるので、業者に診断してもらった方が良いでしょう。

いきなりハードディスクのフォーマットを要求された

フォーマットを記述した部分が読み込めずに、このままシステムが書き換えをできなかったとき、ハードディスクは破損します。
ウィルスによる書き換えの可能性も考えられますが、
突然フォーマットされたときは物理障害の可能性が非常に高いので、
業者に診断してもらった方が良いでしょう。


ファイルのほとんどが正常に開けない。またはコピーも不可

ヘッドの障害によって、データやディレクトリ構造を読み取ることが
できない状態です。これを論理障害と判断する人もいますが、
物理障害である可能性が非常に高いです。
業者に診断してもらった方が良いでしょう。

パソコンの起動はしないがハードディスクの異常は感じられない場合

(方法1)
ハードディスクを取り外して別のパソコンに接続しデータドライブとして
認識させ必要なデータをコピー抽出する

(方法2)
外付けハードディスクを用意して
CD起動できるOSを用意いし起動し必要なデータを外付けハードディスクに
コピーする

CD起動リナックスKNOPPIX 6.0.1



削除やフォーマットをした場合


専用ソフトを使用して普及する必要があります。
例えばいいかのようなソフトがあります。

ファイナルデータ8.0 特別復元版


無料体験版もあるようなので試しに使ってみるのも
いいかもしれません。

EasyRecovery


こちらはデータ復旧は勿論のこと、診断まで出来るようです




Windows Vista カテゴリー別 一覧表

基本操作
基本的な操作についての説明があります
ウインドウズメール
ウインドウズメールの活用使い方について
ファイルプログラム操作
ファイル操作やプログラム操作の説明
インターネットネットワークについて
IE7の設定やネットワークについての説明
デスクトップ操作
デスクトップのカスタマイズや設定について
セキュリティー
ビスタのセキュリティーに関する説明
システム関連
パスワード 電源 起動 性能測定など
ハードウエア関連
メモリーなど周辺機器に関する説明

タグ:データ復旧

にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ
にほんブログ村
《スポンサードリンク》
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。